心育て塾BLOG

「かぜと木」岸田衿子さんから学ばせて頂く

2021.07.05 月曜日

愛を持って丁寧に生きるあなたへ

今日はこの詩を皆さんと読み合いたいと思います

 

「かぜと木」 岸田衿子

 

くるみの木は

わを えがきながら

ゆれている

 

くりの木は

わらいが とまらないように

ゆれている

 

しらかばは

ふるい ワルツを

おどっている

 

おんなじ かぜが

ふいているのに

 

はんのきは

おじぎしながら

ゆれている

 

ななかまどは

あかんぼうを だいて

あやしている

 

もみの木は

そらにむかって

うたうたっている

 

おんなじ かぜが

ふいているのに

 

どんな風景が浮かびましたか?

どんな思いがこみ上げましたか?

どんな思い出がよみがえってきましたか?

どんな音が聴こえてきましたか?

 

私はね

 

たくさんの感情をたくさん味わえる

それを【命】の宝物にして生きよう

同じ風も同じ風 ではないのかもしれない

それも受け入れ認め、許し愛して行きたい

そんなふうに思いました☆感謝です

 

今日もここにいてくれてありがとう

頑張っているあなたを感じています

あなたのことが大好きです!!

お問い合わせ

植木の里親に関すること、植物に関することお気軽にご相談ください。