心育て塾BLOG

子どものことが好きになれない…

2021.06.29 火曜日

愛を持って丁寧に生きるあなたへ

 

あるときにママ友が言った一言が忘れられない

 

「私、息子が私の子どもで本当に良かったって思う」

 

心からっそう言っている姿に

耳が痛い

そう思えるなんて ほんと幸せだよね・・・

と耳元でもうひとりの私がつぶやいていた

 

これは25年前の本当の話~っ!!

もともと、保育士ですから 「子ども大好き」な私

でも 自分の子どもに対しては

「責任感」という感情が非常~に強く

「こうでなければ」という感情が支配していたんです

 

そんな育児は 楽しいというよりは「ミッション」

 

 

毎日が

やるべきことをして「目標に進んでいく」

この子にとって また、社会から見られるママとして

「自分の存在意義を肯定していく」

 

こう書いただけでも 息がつま~る(-_-)

ワクワク感 ゼロ⇩

 

例えばね 0才児の頃・・・

母乳を与えることに固執して

泣き叫ぶ息子の口に 飲みにくい乳母を当てて格闘すること数時間

やっと寝かせつけて 搾乳すること数時間

胸も軽くなり ホッとして寝ると30分もしないうちに

次の授乳が・・・

 

究極の寝不足の毎日 これは精神を病みます

他にもね~っ

布おむつに固執して 離乳食に手作りに固執して 抱っこすることに固執して

育児書よりもちょっとはやく「できる」に固執して

 

まったりと どうしていてもいい時間を 楽しめなかった

そりゃぁ息子は泣き叫ぶし 走り回るよね・・・(^_^;)

息子は態度で教えてくれていたのに

気づかなくて・・・(´・ω・`)

 

 

「息子が私の子どもで 本当に良かったって思う」

「私の理想の息子になってくれました!!」

そう実感できた そう思えたのは

呆れてください  何と25年後(*´∀`)☆

 

 

お~~~~っ 息子よ!! SORRY&THANKYOU!!

「愛しています」「大好きだよ」「大切だよ」

ままからの 素直な気持ちよ 届け~♪

 

 

私のような子育ては苦しいです

そして 子育てには周りからの手助けが必要なのです!!

 

 

産後のお母さんのケア 真剣に考えたい

心からそう思うこの頃です

 

頑張っているあなたを感じています!!

いつもここにいてくれてありがとう☆

届くといいな あなたのことが大好きです

 

 

お問い合わせ

植木の里親に関すること、植物に関することお気軽にご相談ください。