BLOG

シマトネリコ(鉢)


樹高1.5~1.8m
枝葉0.5m
根鉢0.5m

都内のマンションにお住いのT様より
「引っ越しが決まったが、植木鉢を一緒に持っていくことが出来ない。処分するのは心苦しいのでどうか引き取ってほしい」とのご依頼。
マンションの中を通り抜け、お預かりしたシマトネリコです。

手入れの手間も少なく、鬱蒼とならずスタイリッシュなことから非常に人気の品種です。
現在は鉢の状態ですが、地植えにしてシンボルツリーに。もしくは列植して生垣風に植えてもお洒落かもしれません。

大切に育てて下さる方をお待ちしております。

ベニシダレモミジ


樹高1.8m(根鉢含まず)
枝葉2m
根鉢1.2m

「実家の取り壊しが決まり、樹木も伐採することになった。
なんとかして思い出の木を残したい」
S様のご相談より当社がお預かりしたベニシダレモミジです。
幼少期をともに過ごした思い出の深いモミジ。
解体が差し迫っており
適期ではない夏に掘り取ることとなりましたが状態は良好です。

和風庭園の定番ともいえるベニシダレモミジは柔らかく垂れさがる枝と春より赤い葉をつけるのが特徴で、お庭の景観を色鮮やかにしてくれます。

歴史と思い出のつまった
立派な樹形です。

大切に育てて下さる方をお待ちしております。

アカマツ


樹高3.5m(根鉢含まず)
枝葉3m
根鉢1.3m

横浜にある住宅地の傍らで歴史を見守り続けたアカマツ。
土地の造成に伴い伐採されることとなった時に長年過ごした近隣の皆様からの反対の声が上がりました。
皆様の思いを守るべく当社がお預かりした立派なアカマツです。

掘り取り時に近所の方より
「この木は江戸時代からあるんだよ」
というお話を頂きました。
長い歴史を生き続けたのも納得できるほど大きく伸びやかに育っています。

和風庭園の風格を高めるマツですが、アカマツはクロマツに比べ洋風な外観にもなじみやすいです。

歴史の詰まったこのアカマツを大切に育てて下さる方をお待ちしております。

キンカン


樹高1.7m(根鉢含まず)
枝葉0.5m
根鉢0.7m

「実家の取り壊しが決まり、樹木も伐採することになった。
なんとかして思い出の木を残したい」
S様のご相談より当社がお預かりしたキンカンです。
幼少期をともに過ごした思い出の深いキンカン。
解体が差し迫っており適期ではない夏に掘り取ることとなりましたが状態は良好です。

キンカンは耐寒性も強く栽培も容易で、3~5月頃には実をつけます。

歴史と思い出のつまった
立派な樹形です。

大切に育てて下さる方をお待ちしております。

カリフォルニアザクロ


引っ越しが決まり、一緒に連れていけなくなった鉢は神奈川県川崎市にお住いのS様

のマンションより引き取ってきたものです。

全て種から育てられたそうで、これからの成長も楽しみです。

ザクロは実の印象も強いですがたくさん花も付けます。

お庭がきっと賑やかになりますよ。

地植えにするのもオススメです。

大切に育てて下さる方をお待ちしております。

巨峰


引っ越しが決まり、一緒に連れていけなくなった鉢は神奈川県川崎市にお住いのS様
のマンションより引き取ってきたものです。
全て種から育てられたそうで、これからの成長も楽しみです。

実をつけて収穫まではとても難しいとされていますが、ぶどうはつる性の落葉低木で、
そのつるを活かしていろいろな場所に這わせることができます。
フェンスや壁に這わせて、グリーンのカーテンを作ってみる。なんてことにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

大切に育てて下さる方をお待ちしております。


引っ越しが決まり、一緒に連れていけなくなった鉢は神奈川県川崎市にお住いのS様
のマンションより引き取ってきたものです。
全て種から育てられたそうで、これからの成長も楽しみです。

柿にはたくさんの品種があり見分けるのも難しいのですが、お客様曰くこちらは禅寺丸柿という品種のようです。
収穫数が非常に少なく全国的にあまり流通していない柿です。
種は大きいですがとても甘い実をつけます。
是非地植えにして、実をつけるまでの成長を楽しんでください。

大切に育てて下さる方を心よりお待ちしております。

梅の木と再開!~横浜から八ヶ岳高原へ~

一緒に育ってきた梅の木

実家を売却することになり

家族と一緒に過ごした梅の木を

伐採する訳にはいかないと

植木の里親のご依頼がありました

 

梅の木は大切に掘りあげられ

当社の敷地で育っていました

 

その後、思いの詰まった梅の木は

八ヶ岳高原へ引き取られました

 

育てていた方と梅の木の再開

新たに育ててくれる方との出逢い

 

梅の木と家族の想い出

とてもよく似た幼い頃の記憶が、

お二人に同じようにありました

 

梅の木が繋いでくれた奇跡

とても素敵な想い出と

感動の再開をありがとうございます

サザンカの蕾

もうすぐ開きそうですね♪

サザンカ、サザンカ咲いた道~♪

皆さんよくご存じの童謡

「たき火」の歌詞にでてきますね。

この花に懐かしさを感じる方も

多いのではないでしょうか?

 

サザンカの蕾の膨らみは

今年の締め括りと

未来へのスタートを感じますね!

 

よく見ると街の色々な場所に

サザンカはいるので、少し足を止めて

会話してみてください(^-^)

 

素敵な一時を~

放送日変更になりました!

【放送日21日に変更です!】

テレビ朝日スーパーJチャンネル
当社の「植木の里親」
本日放送予定でしたが

11月21日(木)18:15~
に、変更となりました。

楽しみにされていた方
直前のご案内になってしまい
申し訳ありません

報道番組の特集コーナーなので
重大ニュースなどに押され
放送がずれ込むことがあるようです

21日木曜日
テレビを見られる方は
よろしくお願いします!

【よく切れる鋏が人を育てる】

 

我々庭師にとって、なくてはならない鋏

 

鋏がなければ庭師として活躍することができない

 

切っても切り離せない大切な仲間です

 

 

 

職人によって同じ樹木の枝を切っていても

 

鋏の切れ味が全然落ちないときもあれば

 

すぐに刃がこぼれてしまうときがあります

 

 

 

これは職人と鋏の相性なんですね

 

柔らかい鋏が手に合う職人もいれば

 

固い鋏が手に合う職人もいる

 

まるで人間関係そのものですね

 

 

 

 

どんなに優れた鋏でも未熟な人が使えばケガをするし

 

心の弱い人が使えば犯罪や自傷行為に使われることも…

 

一流の庭師が使えばたくさんの人を感動させることができます

 

 

 

どんなに優しい人でも相手にその優しさを受け取る心がなければ

 

心を傷つけてしまい、受け入れてもらえないことや

 

その優しさを利用されたりすることもあると思います

 

 

 

こんな時に自分を責めてしまうかもしれません

 

自分の優しさを疑ってしまうかもしれません

 

そして人を傷つけないように優しさを抑えてしまう…

 

 

 

ケガをしないように切れ味を落とした鋏は

 

はじめのうちは安全かもしれませんが

 

やがて太い枝を切るために力を入れすぎて

 

大きなケガにつながってしまいます

 

 

 

鋏はよく切れるからこそ職人と一緒に人を感動させれれます

 

よく切れる鋏が職人を一流に育てていきます

 

 

 

あなたには優しい心があります

 

その優しさを抑えることなく磨き続けてください

 

 

 

想いが伝わらないこともあるかもしれません

 

そんな時はよく切れる鋏を思い出してください

 

相手の成長を信じて、「よく切れる」あなたで接してくださいね

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

【天使のお手伝い?】

このハシゴ 10mもあるんです!!!

 

 

ここはシイタケ栽培をされている雑木林

 

台風による強風で枝が折れてしまって

 

ぶら下がったままなのでとても危険な状態でした

 

 

先週の土曜日に折れた枝を撤去するため現地に伺ったのですが

 

どんなに引っ張っても全然落ちてこない…

 

 

写真の機械で引っ張るのですが

 

(なんと1.6トンの力で引っ張れるすごい機械なんです!)

 

でも、それでどんなに引っ張っても落ちてこない…

 

 

色々と試行錯誤しているうちに日が暮れてしまい

 

その日は諦めて帰りました…泣

 

 

そして今日、気合いを入れて一週間ぶりにリベンジ!

 

6:30に集合し、考えられる様々な道具を積み

 

経験豊富な職人たちと、いざ現地へ!

 

 

現地に到着してみると…

 

なんとその枝が地面に落ちていました!

 

 

気合いを入れて木のもとへ向かった職人たち

 

みんな唖然とした表情…笑笑

 

 

きっと天使がお手伝いしてくれたんですね!(^^♪

 

折れた箇所を丁寧に切り戻して薬を塗って完了!

 

 

おかげで今日は早く帰れそうです♡

 

 

PS

 

折れてしまった枝は薪ストーブで使われます

 

折れてしまった枝も一つも無駄にならず

 

柔らかな暖かさで幸せを運んでくれますね♫

【親元から離れた子が美しく育つ】

ケヤキの紅葉、綺麗ですよね!

八王子市の多摩御領周辺や高尾山近くでも見れる

とっても綺麗で大好きな景色です

 

ケヤキの落ち葉をよく観察すると

葉を数枚つけた枝ごと落ちています

 

これは枝先についた種子を

遠くに飛ばすために

軽くなった葉を翼にするんですね♪

 

なぜケヤキは枝先を自ら折りとってまで

種子を遠くへ送り出そうとするのでしょうか?

親木の近くでもよさそうですよね?

 

実は安全に思える親木の真下は

暗くて日が当たらず

親木が病原菌のついた葉を振り落とすなど

生育には不向きな環境です

 

その環境で頑張って芽をだしても

暗く覆われた環境では、わずかな光を求めて

幹は曲がりくねってしまいます

 

だからケヤキの親は枯れ葉の翼

自分の元から遠くへ遠くへ

子を羽ばたかせるんですね!

 

そして遮るものがない環境で

ケヤキの子はのびのびと育っていきます

まるで大空を掃くほうきのように

 

広々とした世界で自由に育つとき

誰にも教えられなくても

木は素直に整った美しい姿になります

 

 

我々人間も子供が失敗しないように

先回りして親が手をだして

子供の失敗を奪ってしまうことがあります

 

子供を守ろうとする親の愛情がいきすぎると

子供にとっては親の葉に覆われた

暗い環境をつくっているかもしれません

 

ケヤキのように子供の成長を信じて

遠くへ羽ばたかせる愛情も

必要かもしれませんね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ギャップを大切に!】

ギャップという言葉

どんな風に感じますか?

 

「世代間のギャップ」「夫婦間のギャップ」

といったネガティブな印象を受ける方も

多いのではないでしょうか?

 

よく聞く言葉ですが

「最近の若いもんは!」

これも世代間ギャップですね!笑笑

 

森の中での「ギャップ」は本来の意味の

「すきま」という意味合いで使われます

 

大きな木が倒れたあと

枝葉で覆われた森の天井に穴が開き

ひかりが差し込んでくる場所

 

それが森のギャップです

 

林床に無数に落ち芽生える若木

暗い森の中では、なかなか成長できずに

光が届くのをじっと待っています

 

何らかの理由で「ギャップ」が現れた時

若木は一気に成長します

 

森の天井目指してあっという間に

青空に突き抜けていきます

 

子育てや人財育成で悩まれている方

「ギャップ」を感じたらチャンス!

その子一気に成長しますよ!(^^)

 

【成長のバランスを意識してます!】

我々「庭師」が大切にしていることは

お庭にあるすべての植物の

 

「成長バランス」をあわせていくこと!

 

大切なのは「一本の植木」単体ではなく

 

そばにある植木の成長をあわせる

 

一本の植木が旺盛に茂っていると

その木の下は光が入りずらくなり

生育不良になってしまいます

 

夫婦もそうかもしれませんね

 

引きこもって外に出られない子供がいる。

このような家庭の両親のどちらかひとりが

社交的で学び好き、家にあまり

いないという場合が多いようです

 

こんな夫婦の成長していない方は

おいてけぼりを感じてしまい

成長している方は

相手との差を感じてしまう

 

夫婦でバランスをあわせる!

 

目に見えずらいのが人間の成長です

 

難しく考えずに

今日はどんなことを経験したのか

何を食べてどう感じたのか

聴いてみるだけでいいと思います♪

 

きっと昨日より少し成長した

奥さんや旦那さんを発見できますよ!

 

もちろんお子さんの話も

あたたかな笑顔で

じっくり聴いてあげてください♪

 

あたたかな日差しが

満開の花を咲かせます!

 

 

 

 

 

 

【次の世代へ繋いでいく】

僕が15年間愛用してきた木鋏

長時間使っていても手が疲れず

切れ味も抜群!

 

この鋏を打った鋏職人さん

彼が打った鋏は店頭に並べられず

 

刃物店のご主人と会話する中で

「この庭師なら」と認められると

カウンターの裏から出してくれる

なかなか買えない代物でした

 

この鋏を打った名工の職人さん

僕が鋏を手に入れた時には

亡くなっていたんですね

 

頑固な鋏職人さんだったらしく

お弟子さんたちも技術習得していなかった

 

この鋏を打つ技術も

名工と共に途絶えてしまいました

 

庭師の命とも入れる木鋏

この話と共に若い職人に譲りました

 

新しいステージに上がるとき

今まで大切にしていたものを手放す

 

勇気のいる行動ですが

その決意と情熱が伝わり

次の世代を育てていきます

 

そして身軽になった自分も

大きく羽ばたき飛躍していける

 

これからも「心の庭師」として

楽しんで学び、心と技術を高め

次の世代へ伝承していきます!

 

 

 

 

 

 

【相互関係が大切!】

 

今の時期はお正月に向けて

「お庭手入れ」をする方も

たくさんいらっしゃいます

 

お庭手入れをしているとお庭に

ちいさな芽が出ていることがあります

 

これは鳥が木の実を食べて、

お腹で消化されずに残った種が

フンと共にお庭に落ちて萌芽したものです

 

移動できない植物が遠くへ行くために

鳥に協力してもらうんですね!

お礼に鳥はお腹いっぱい食べられる

 

 

素敵な「相互関係」ですね!

 

この両者はお互いがいるから

 

生きていける

 

夫婦も家族も仲間も会社も

誰かがいるから生きていける

大切なのは「相互関係」になっていること

 

与えるだけの一方通行では

自然界のルールが崩れて

やがて関係性が終わってしまいます

 

美味しい木の実を食べられなければ

そのうち鳥も種を運ばなくなります

 

お互いに「必要」とされるから

お互いに存在価値を感じられます

 

「君の料理ほんとに美味しい!」

「あなたのおかげで助かった!」

 

言葉で言いずらいときは

メールがありますよ~~笑笑

今日も素敵な「相互関係」築いていきましょう♡

 

 

 

 

お問い合わせ

植木の里親に関すること、植物に関することお気軽にご相談ください。